Windowsのexplorer.exeが異常終了→修復

 WindowsXP SP2がある日突然

「explorerが終了しました」

 というメッセージと共にデスクトップもツールバーもない灰色一色(マウスポインターは動く)状態になりました。
 さらにdrwtsn32も異常終了。_| ̄|○とほほ。
  
そこで

  1. ctrl+Alt+Delでタスクマネージャーを立ち上げ、「シャットダウン→再起動」で再起動→直らず
  2. 同様にタスクマネージャーの「ファイル→新しいタスクの実行」で「explore」と入力して「explore.exe」を再起動→やはりすぐに「explore.exe」は異常終了
  3. 再起動時にF8キーを入れてセーフモードで起動→やはり直らず
  4. タスクマネージャーの「ファイル→新しいタスクの実行」で「chkdsk」と入力してディスクのチェック→直らず
  5. WindowsのCDROMを入れてディスクから再起動。途中で「R」キーを押してシステムの修復→直らず

 なんとも手ごわい不具合です。
 ということで、Windowsシステムの再インストールをすることにしました。

  1. パソコンからHDDを取り外し、ケーブル(IDE-SATA →USB変換ケーブル GREENHOUSE USHD-IDESA)で他のパソコンと接続し、データをバックアップ(念のため)
  2. 再びHDDをパソコンに戻し、WindowsシステムCDROMから起動。
  3. 「セットアップの開始」画面で「Enter」キー(WindowsXPのセットアップ)
  4. 「次のインストール済みのWindowsXPのうち1つが壊れている場合は修復を試行出来ます」画面でパーティションを選択し、「R」キー(選択したWindowsXPの修復)
  5. 新規インストール時と違い、プロダクトキーの入力だけで他の設定はなし。
  6. アプリケーションもデータも無事保存されたままで、修復完了。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です