coreserverでWordPressを動かすときのhtaccess設定

ディレクトリ構造

「coreserver」で「WordPress」を動かすときに、おそらく一番面倒なのが「htaccess」の設定だと思います。
coreserverはphpをセーフモードで動かすため、一部のphpが動かないようなのです。
そのため、htaccessで一部のphpをCGIモードで動くように設定する必要があります。

でも以下のように設定すれば簡単ですよ。

WordPressシステム直下のhtaccess

wp-cron.php
xmlrpc.php

の2つのphpファイルをCGIモードで動かします。

<files wp-cron.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>
<files xmlrpc.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

と丁寧に書いてもいいですし、まとめて

<Files ~ "^(wp-cron|xmlrpc)\.php$">
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>

でもOK。

wp-admin直下のhtaccess

async-upload.php
upload.php
update-core.php
update.php
plugin-install.php
plugins.php
themes.php
admin.php

をCGIモードで動かします。

<Files ~ "^(async-upload|upload|update-core|update|plugin-install|plugins|themes|admin)\.php$">
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>

全部CGIモードにすると

こんな面倒なことしないで、phpを全部CGIモードにしちゃってもいいじゃないですか!
WordPress直下のhtaccessに

AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

とすればいいのですが…。

こうすると

全てのPHPファイルがCGIモードで動くように設定してしまうと、管理画面の表示が崩れます。

なのだそうです。
(参照元:CORE SERVERでWordPressを動かす自作ソフトの部屋 – 開発日記 | 自作ソフトの部屋 – 開発日記)(別ウインドー)

きちんと個別にCGIモードにしてあげましょうね。