TimeMachineのデータを引っ越し。単純にコピーするだけで成功しました(時間かかったけど)

タイムマシンデータをコピー
Macのバックアップシステム「TimeMachine」のデータファイルを、新しく買ったポータブルHDDに引っ越しさせました。
SnowLeopardから、TimeMachineのデータファイルは単純にFinder上でコピーすれば継続して使えるようになったようです。

(参照元:新しいHDDにTime Machineのデータを引継ぐ | Apple サポートコミュニティ)(別ウインドー)

これだと、ゼロから新しくバックアップを作るよりも、過去のバックアップも継承されるからいいですよね。

まずはTimeMachineドライブの中の「Backups.backupdb」を新しいディスクにコピーします。

エラー発生!

バックアップボリュームで所有権が有効になっていないため、バックアップをコピーできません。

ところがここでエラー発生!

バックアップボリュームで所有権が有効になっていないため、バックアップをコピーできません。

何だ何だ!と思ってググってみたところ、解決方法が載っていました。

このボリューム上の所有権を無視のチェックを外す

このボリューム上の所有権を無視

まずドライブをクリックし「コマンド+I」で情報ウインドーを表示させます。
そこの一番下に「このボリューム上の所有権を無視」というチェックボックスがあります。

チェック外しました

鍵マークをクリックしてパスワードを入力。
チェックを外します。
これでコピー可能になりました。

(参照元:遊惰放逸・・・)(別ウインドー)

認証

しかしまたアラートが。
でもこれは「認証」をクリックしてあげるだけで先に進みました。

コピー始まりました

しかしコピーにかなり時間がかかりました。

HDD → USB2.0 → パソコン → USB3.0 → HDD

だからかな。

まだまだコピーはかかりそうです

まだ10時間かかるということだったので、この時点で私は寝床に入りました。

タイムマシンが始まらない!

なかなかタイムマシンがはじまらない

朝起きると見事にコピーが終わっていましたo(^0^)o

TimeMachineのパネルを開くと、なんとバックアップ先のディスクも変更されていました。
お見事。

しかしバックアップを始めようとすると、いつまでたっても

「バックアップを準備中」

の表示のまま先に進みません。

やっと始まったよ

もうだめか…と思った2時間半後にやっとバックアップ開始。
ちょっと時間がかかりますが、のんびりやってみる価値があると思います。