2014年8月の月例Windows Updateでトラブル。原因は「KB2982791」と「KB2970228」?

プログラムとファイルの検索

今月(2014年8月)の月例のWindowsアップデートでトラブルに陥るパソコンが出ているようです。

Windows 8.1 Updateの場合、上記の更新プログラムを適用すると再起動を求められ、この時点での再起動は無事に完了するケースが多い。しかし、次回の再起動(またはシャットダウン後の起動)に失敗する。Windows 7も同様だが、より深刻なブルーバックが発生する場合もあるようだ。

(参照元:2014年8月の月例Windows Updateでトラブル続出? – Windowsが起動しなくなったときの対処方法 | マイナビニュース)(別ウインドー)

そこで私も会社のパソコン(Windows7)を全部調べてみました。
まずは「スタート」「プログラムとファイルの検索」を開きます。

Win32k.sysの更新日付は?

「Win32k.sys」を検索

検索窓に「Win32k.sys」を入れ、検索結果を右クリックしてプロパティーを調べます。

「更新日時」が「2014年7月16日」

「更新日時」が「2014年7月16日」になっていると不具合が出るそうです。
(参照元:Windows updateで、PCが起動しなくなる!!)(別ウインドー)

私のところでは9割ほどのパソコンがこの日付になっていました。

更新されたプログラムの中に奴らがいるか?

インストールされた更新プログラムを表示

そこで

コントロールパネル → プログラムと機能 → インストールされた更新プログラムを表示

で更新プログラムを表示し、「KB2982791」と「KB2970228」で検索。

おお、いましたいました。

削除してあげましょう

奴らを削除

更新プログラムを選択して「アンインストール」をクリック。
これを「KB2982791」と「KB2970228」の両方で行いました。
これで大丈夫…なのかな?

まだ更新が行われていないパソコンは

まだインストールされていない場合

ちなみに、「更新日時」が「2014年7月16日」より昔だったパソコンでは「Windows Update」の「これらをインストールしますよー」というリストの中に奴らが入っていました。

また、パソコンによっては「更新日時」が「2014年7月16日」より昔であり、なおかつ更新予定リストの中に奴らが入っていない場合もありました。