Category Archives: 便利快適

Movable Typeを携帯でも見られるように、「MT4i」の導入

 Movable Typeを携帯でも見られるようにする「MT4i」を使ってみました。
 同じようなシステムには「MT-Mobile」などもありますが、「MT4i」の方が下記のような理由で使い勝手が良いようです。[nextglobaljungle

  1. 「MT-Mobile」はMovable Typeのプラグインなので、プラグインディレクトリーに本体のcgiプログラムをいれなければいけない。そのため、携帯サイトのURLが長くなってしまう。
    「MT4i」は任意のディレクトリにに本体のcgiプログラムをいれることが出来るため、

    http://mocamoca.com/m/

    といった短いURLに出来る

  2. ページのカスタマイズがかなり自由に出来る
    設定画面でかなり細かい設定が出来る。
    さらに、テンプレートを改造することによって表示もカスタマイズ出来る

  1. インストール方法
    1. MT4i」サイトの「最新正式バージョン」からファイルをダウンロード、解凍
      解凍後の構成
      • ファイル
        mt4i.cgi(本体)
        mt4imgr.cgi(設定)
        purge_old_cache.pl
      • ディレクトリ
        lib
        plugin
        tmpl
    2. mt4i.cgiとmt4imgr.cgiのperlのパスを設定
    3. Movable Typeのプログラムディレクトリに

      mt4i
        └cache
              └tmpl

      というディレクトリを作成(パーミッションの設定は必要なし)

    4. 解凍したファイルとディレクトリをサーバーの任意のディレクトリの同階層にアップロード(私はhttp://mocamoca.com/m にアップロードしました)
    5. 「mt4i.cgi」と「mt4imgr.cgi」のパーミッションをプログラムが動くように設定(755、705など)
    6. 「mt4imgr.cgi」にアクセス
      希望のパスワードを入力し、管理画面に入る
      管理画面では、とりあえずMTホームディレクトリ(プログラムディレクトリ)だけは必ず設定。
      保存ボタンを押して設定を保存
    7. 「mt4i.cgi」にアクセスして動作確認
    8. さらに

      DirectoryIndex mt4i.cgi?id=1

      という一文を入れたhtaccessをmt4i.cgiと同じ階層に入れておけば、http://mocamoca.com/mにアクセスするだけでID=1のブログにアクセス出来ますヽ(^。^)ノ

  2. 必要なperlモジュール
    1. Encode
    2. HTML::Template
    3. Image::Magick(画像の自動縮小機能を利用する場合)
    4. HTML::Entities(XSS 防止機能を使用する場合)
      perlモジュールのインストールは[こちら]をご覧下さい(^_^)
  3. 動作イメージ
  4. パケット料金
    気になるパケット料金を概算してみました(0.21円/パケットとして計算)
    1. テキストページ:大体4KBとして30パケットほどで6円。
    2. 画像ページ:大体15KBとして120パケットで25円。